風俗で話のネタ探し

助かっているんです、風俗には

風俗には感謝とか快感とかって気持ちもありますけど、「助けられている」という気持ちが一番強いかもしれません。なぜなら、風俗があるおかげで自分の欲求をしっかりと発散することが出来るじゃないですか。その欲望というのはやっぱり普段から発散することが出来るものではないし、むしろ日常生活の中では抑えなければならないものじゃないですか。性欲は悪いことではないんですけど、ただどこで発散するのかは一人の大人として弁えておかなければならないものですよね。でも、自分でシコシコしたところで発散出来る性欲はたかが知れているんです。本当の欲求不満の時には自分だけで頑張っても意味がないってことも良く分かっていますので、そんな時に頼れる風俗の存在は本当にありがたいものです。もしも風俗がなかったら、かなり困るというか、むしろ自分でも性欲をどうすれば良いのか分からないレベルと言っても良いんじゃないのかなって思いますよね(苦笑)

結局見栄だったのかもしれない

指名するということは、相手を決め打ち出来るものだって思っていましたけどそれ以上に「フリーじゃないよ」「指名料くらい出すよ」という見栄だったのかもしれません(苦笑)なぜなら、ふとフリーで楽しんだことがあったんです。その時は指名料をケチったんじゃなくて風俗店のフロントに勧められたんです。一人に絞り切れないなって思っていたらお店の人からそう提案されたので、じゃあってことでフリーにしてみたんですけど、結局フリーでも在籍している風俗嬢の中の誰かになる訳じゃないですか。だからある程度のレベルが担保されているというか、間違いは起きないなって思ったんですよね。むしろ相手に任せておいた方がいろんな楽しさがあるってことにも気付かされました。ちょっとしたガチャ感覚ですよね(笑)だって目の前に登場するまで誰なのか分からないんです。でも、スマートフォンのアプリと違うのは満足出来る率が限りなく100%に近いってことでしょうね。